歯ブラシの選び方

歯ブラシの選び方

​歯ブラシ

特別なものは必要なく、硬さは”普通”を選びます。硬いと歯や歯茎が傷つき、柔らかいと汚れが取れにくい事があります。ヘッドはなるべく小さめを選ぶと奥歯まで届きやすいです。市販で売られている物の中で一部ではありますが紹介します。

汚れが多い人

フラット毛
目的:毛の硬さは普通で、カット面が平らな方が、多くの毛が効果的に歯面のプラークを除去できる。フラット3列毛の中でオススメのGUM。

汚れが少ないが出血がある人

毛先が細いハブラシ
目的:細かい部分の歯垢(プラーク)を落とすことに向いている。歯と歯の間や、歯周ポケットの汚れを落とす。

手が不自由な人、歯磨きが習慣化しない人

ヘッドが大きく、毛量が多いハブラシ
目的:短い時間でも一気に歯垢(プラーク)を落とすことが可能だが、ヘッドが大きい分細かい所や奥に入りづらい。

このハブラシでも難しい場合は電動歯ブラシがオススメ。

歯茎が退縮している人

ブラッシング圧が強くはないか確認する。理想は150g〜200gの力と言われている。
歯磨きの時に歯と一緒に歯茎を磨いていないか確認する。
ヘッドが大きいものを使っている人なら、小さいものに変え、歯茎に当たらないよう気をつける。

被せ物や差し歯が多い人

毛先が細い歯ブラシ
目的:フラット毛だと被せ物の下に毛先が入りづらいので、毛先の細いものにして、細部まで磨けるようにする。

 

 

LINEで受け取る

LINE@にて、歯科関連の英語論文を日本語に翻訳し分かりやすく解説して配信しています。
今だけ無料で登録できるので、この機会に「お友達登録」してみてはいかがでしょうか?

LINEで論文解説を受け取る