その他

ホワイト二ングについて

ホワイトニングって何?

ホワイトニングとは、物理的に汚れを落とすことではなく、薬剤を用いて歯を白くすることを言います。
歯の黄ばみなど歯の汚れが付いている場合はこれらを落とすことである程度歯が白くなりますが、もともとのご自身の歯の色以上に白くすることはできません。

ホワイトニングは薬剤を用いることで元々のご自身の歯よりも白くすることができます。

ホワイトニングの利点・欠点

利点

もともとのご自身の歯の色よりも白い歯になりますので、歯の色がコンプレックスだった方にとっては自信を取り戻すきっかけになりうる治療です。
ただし、白くなる度合いは人によって個人差があることが多く、思ったより白くならないなと感じじる方もおられるかもしれません。
その場合、もう一度ホワイトニングを行うことでさらに白くできる可能性はあります。

欠点

一定の確率で知覚過敏の症状が出ます。かぶせものや、詰め物は白くならないので、詰め物や、かぶせものがある場合はやりかえが必要になる場合があります。

ホワイトニングの種類

一般的に①ホームホワイトニング②オフィスホワイトニング③ウォーキングブリーチの3種類があります。

①ホームホワイトニング

患者さんの歯列に合わせたトレーを作成し、そのトレーに薬液を流して歯につけたままにしておくことで歯の表面を漂白する方法です。

利点は自宅でできるので、空いた時間を利用して歯を白くできることで、オフィスブリーチと比べて安価であることが多いです。

欠点は他のホワイトニングに比べて簡便な分、効果も薄いです。

②オフィスホワイトニング

歯科医院にて薬液と光を用いて漂白を行う方法で、ホームホワイトニングよりも効果が高く、その分料金も高いことが多いです。

一回10分程度、3セットほど行い、施術時間はトータルで1時間ほどです。

利点はホームホワイトニングよりも効果が高い事

欠点はホームホワイトニングよりも料金が高いことと、歯科医院にいかなければならないことです。また、効果が高い分、知覚過敏の発生度合いも高くなる可能性があります。

③ウォーキングブリーチ

上記の二つは生活歯(神経の生きている歯)にも用いられる方法ですが、ウォーキングブリーチは失活歯(神経の治療済みの歯)のみが適用となります。この方法ではかなり黒ずんだ歯も白くすることができますが、一本あたりの治療になるので、複数の歯に行うと長い治療時間を必要とします。

治療期間は2週間から1ヶ月ほどで、歯科医院にて行います。

また白くなったあと内部の薬を除去し空いたままの穴を修復するする必要性もあります。

利点はかなり黒ずんだ歯でも真っ白にできる可能性があること。

欠点は神経の治療をした歯でしか行えないこと、周りの歯との色が合わなくなる可能性があること(白くなりすぎる)、漂白後に修復が必要になることです。

まとめ

ホワイトニングは歯を白くでき、コンプレックスを解消できるとてもいい治療ですが、施術後に歯がしみたり、値段や適応の問題があるため、歯科医師に相談した上で最適な方法を選択するように心がけましょう。

 

 

ABOUT ME
林剛永
林剛永
2015年に大阪大学歯学部卒業、同大学での研修後、現在は勤務医として日々診療に全力投球中。大学卒業後、各歯科医院によって方針や治療の幅や質にとても大きな違いがあることに驚き、患者さんが自分に最もあった治療を受けられるようになる一助になればと願い、当サイトを立ち上げました。
LINEで受け取る

LINE@にて、歯科関連の英語論文を日本語に翻訳し分かりやすく解説して配信しています。
今だけ無料で登録できるので、この機会に「お友達登録」してみてはいかがでしょうか?

LINEで論文解説を受け取る