衛生

妊娠中は虫歯になりやすいってホント?

妊婦

こんばんわ。shunです。
今日は妊娠中のむし歯についてお話させていただきます。
そもそも妊娠中って虫歯になりやすいのでしょうか。

様々な意見がありますが
Prevalence of dental caries and gingivitis among pregnant and nonpregnant women
という論文によると、妊娠している女性は妊娠していない女性よりも2.2倍虫歯になりやすいとしています。

では、なぜ妊娠中は虫歯になりやすいのでしょうか

唾液の成分の変化

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化します。詳細についてはまだ解明されていない面も多いのですが、エストロゲンの上昇が関わっているといわれています。
また、妊娠中は唾液中が酸性に傾き口の中を中性に戻す緩衝能が低くなることで虫歯になりやすくなってしまいます。

つわりの影響

妊娠中は子宮が胃を圧迫しつわりが起こります。
つわりは口の衛生状態にも大きな影響を与えます。
妊娠中、つわりがひどくなるとなにも口に入れたくなるそうです。

よくあるつわりによる歯の影響としては

歯ブラシを口に入れると気持ち悪くなり歯磨きができなくなる

一回に多く食べられないため飲食回数が増える

食べづわりによる間食回数のさらなる増加

食べてないと気持ち悪いとい食べづわりというものもあるそうです。
当然間食回数が増えると虫歯のリスクが上がります。

味の嗜好の変化。すっぱいものや甘いもの

味の嗜好変わるみたいです。特にすっぱいものや甘いものなどむし歯には好都合な食品を好む傾向になる傾向にあるようです

えづくことによる酸蝕症

えづくと胃酸がでてきますよね?胃酸のpHは1-1.5とかなり強い酸性のため歯が溶けるリスクが高まります

等があります。

妊娠中のむし歯対策

むし歯の症状があるかたは体調などが安定しやすい妊娠安定期(4-7ヶ月ごろ)に行かれることをお勧めします。
未処置のむし歯が親に残っていると子供にむし歯菌が定着する可能性が高くなるといわれています。
また出産後は歯医者に通う暇がないくらい忙しくなるようですので是非妊娠中にご主人様も含め虫歯の治療が終わっているのが理想的ですね。

むし歯予防としては

体調の良い時間に歯磨きをする

タフトブラシなど小さな歯ブラシを使う

下を向いて前かがみの体勢になり、歯ブラシを舌に当てないようにすると嘔吐感を避けやすいようです

歯磨き粉は香料の強いものを避けましょう

どうしてもしんどい場合はマウスリンスでのうがいで菌が繁殖しにくいようにしましょう

等が考えられます。

特にマウスリンスはフッ素のはいったうがい薬が良いかと思います。
フッ素を配合した むし歯(虫歯)予防薬(洗口液) エフコート®

まとめ

今回は妊娠中の虫歯についてお話させていただきました。
私自身妊娠経験はもちろん妊娠、出産を間近で経験したこともないため知識の提供しかできないことが心苦しいですが、妊娠中のかたは是非参考にしていただきご意見などがあればぜひ教えていただきたいと思います。
それでは!読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
shun
shun
2017年卒業。100年時代の口腔を守るには良い治療と共に質の高い予防が絶対不可欠!と思い日々診療、研究に取り組んでいます。このサイトでは歯のお悩みに対して何がおきているのか、どういう治療が出来るのか、何故そうなってしまったのか、今後どうすれば予防出来るのかを分かりやすくお伝えできればと思います。よろしくお願い致します。
LINEで受け取る

LINE@にて、歯科関連の英語論文を日本語に翻訳し分かりやすく解説して配信しています。
今だけ無料で登録できるので、この機会に「お友達登録」してみてはいかがでしょうか?

LINEで論文解説を受け取る